文字サイズ:

文字のサイズは Ctrl キーを押しながら + (拡大) または - (縮小)でも変更できます。

施設概要

昭和36年に完成後、高崎市の文化のシンボルとして輝き続けている群馬音楽センターは、日本の近代建築に大きな影響を与えた巨匠アントニン・レーモンド氏が設計を手がけました。その独特な外観は、折板構造(不整形折面架板構造)によるもので、内部は地下1階・地上2階で構成されています。1,932席あるホールは、コンサートホールとしてはもちろん、日本の伝統芸術である歌舞伎や能、さらに世界各国の劇団によるオペラ、バレエなどが上演され、高崎市民のみならず多くの人々に、今なお親しまれています。


所 在 地 群馬県高崎市高松町28番地2
連 絡 先 TEL 027-322-4527
FAX 027-322-4987
E-mail center@takasaki-foundation.or.jp
開館時間 8:30~22:00  窓口受付 8:30~17:15)
休 館 日 月曜日(祝日の場合は翌平日)

建築工期  着工1959年(昭和34年)10月
竣工1961年(昭和36年)7月 
開  館 1961年(昭和36年)7月
構  造 RC造地下1階地上2階 不整形折面架板構造
設  計 アントニン・レーモンド
総 工 費 3億3千5百万
総敷地面積   13,374㎡
延床面積 5,936㎡
(地階)850㎡
(1階)2,145㎡
(2階)2,941㎡

フロアーガイド

 

ホール

1,247.87㎡
1,932席
車椅子 3席
立見席270人

楽屋

 第一楽屋    
   126㎡   
第二楽屋
 
  52㎡    

会議室

 第一会議室    
182㎡(収容人員120人)
 第二会議室    
 
105㎡(収容人員70人)   

レーモンドギャラリー

シンフォニーホール