MENU
English
公演情報詳細
第22回 高崎演能の会
2024年2月11日(日・祝)13:30開演(12:30開場)
スタジオシアター
終了
詳細を見る

高崎市出身の観世流シテ方能楽師・下平克宏による本格的な能楽公演です。
今回は能の名曲「山姥」を上演。野村萬斎が狂言「佐渡狐」を演じます。

【演目と出演】

番組
仕舞 「弱法師」
俊徳丸               藤波 重彦
地謡                  藤波 重孝
                        大松 洋一
                        高梨 万里
                        武田 崇史
                        松木 崇俊

 狂言 「佐渡狐」 
佐渡のお百姓       野村 萬斎
越後のお百姓       野村太一郎
奏者                   高野 和憲

   (休憩 十五分)

 能  「山 姥」

里女・山姥         下平 克宏
百万山姥            大槻 崇充
従者                  殿田 謙吉
所の者               野村 裕基
笛                     松田 弘之
小鼓                  大倉源次郎
大鼓                  亀井 広忠
太鼓                  小寺真佐人
後見                  武田 尚   
                        大松 洋一
地謡                  藤波 重彦
                        松木 千俊
                        藤波 重孝
                        川原 恵三
                        北浪 貴裕
                        金子 聡哉
                        新江 和人
                        田口 亮二

イヤホンガイド    武田 崇史

 終了予定 午後三時四十五分

 

【あらすじ】

能「山姥」やまうば

山姥の曲舞を得意とした百万山姥という遊女が、善光寺詣りを思い立ち、都から

越後・越中の国境の境川に着く。一行は、里人から勧められた上路を行く事となり、乗り物を捨て、徒歩で山道を行こうとする。すると、俄かに日が暮れ、一人の里女

が現れる。女は宿を貸そうといい自分の庵に案内し、曲舞を所望する。女が山姥について詳しいのを不審に思い、従者が名を尋ねると、女は我こそは山姥であると明かす。そして曲舞を謡うなら、再び姿を現し歌に合わせて舞おうと言い捨て、消え失せる。

やがて夜も更け、遊女が笛を吹き待ち受けると、深山幽谷の気色の中に、山姥が奇怪な姿で現れる。山姥は遊女の謡に合わせて、自分の境涯や、四季折々に雪月花をたずねて山巡りするさまを舞ってみせ、やがて何処ともなく去ってゆく。

山姥は恐ろしい鬼女というより、自然そのもののようであり、時に山人に寄り添う心優しい仙女です。その山巡りするさまは、苦行の連続する人間の姿ともいえましょうか。終始鬼気に満ちた、迫力に満ちた作品です。


狂言「佐渡狐」さどきつね

年貢を納めに都へ上る途中で道連れになった、佐渡と越後のお百姓。佐渡に狐のいるいないを巡り賭けをすることになったが、実は佐渡には狐はおらず、狐を知らない佐渡のお百姓は、奏者(取次の役人)に賄賂を使い、味方についてもらう。しかし

奏者の「佐渡に狐はいる」という判断に納得のいかない越後のお百姓に、狐の形恰好を問いただされ…。

越後のお百姓の追及に必死で答える、佐渡のお百姓と奏者の連携プレーが見どころです。世相を風刺しつつ、中世の人々のたくましく生きる姿が笑いの中に描かれた狂言です。


【料金(税込)】
全席指定
S席 10,000円
A席 8,000円
B席 5,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※車椅子席・介助席のご購入は、高崎芸術劇場チケットセンター(TEL:027-321-3900)までお電話でお申し込みください。

【チケット発売】
《Web先行》
11月24日(金)10:00~
高崎芸術劇場メンバーズ限定(登録無料)
《電話》  
11月28日(火)10:00~
高崎芸術劇場チケットセンター
TEL:027-321-3900(10:00~18:00)
《窓口》
11月29日(水)10:00~
高崎芸術劇場2Fチケットカウンター(10:00~18:00)
ほか高崎市内9か所の高崎市施設プレイガイド
※電話発売で完売した場合は、窓口での販売は行いませんのでご了承ください。

【高崎演能の会 プレ講座】
シテをつとめる観世流能楽師の下平克宏さんを講師に迎え、事前講座を開催します。映像や資料を交えて分かりやすく解説します。
申込み方法、内容の詳細については、決まり次第ご案内いたします。

1月15日(月)「山姥が山巡りするぞ、苦しき」

【主催】
高崎芸術劇場(公益財団法人 高崎財団)